阪神タイガースブログ ラテンアメリカの虎

ラテンアメリカ某国在住、虎キチ歴35年。梅雨時期には来年のことを考え始める癖が抜けない弱気な阪神ファンのブログです

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

-38 マルコス・マテオ

続けましょう/東京ヤクルトスワローズ第5回戦

皆様いつもご覧いただき有難う御座います! 昨日久しぶりに更新しましたが、やはりさぼっていると当然ながら更新してもアクセス数が激減しておりました・・・予想通りといえば予想通りなのですが、やはり継続は大事ですね(汗)。 継続が大事といえば、阪神タ…

俊介ありがとう!/中日ドラゴンズ第5回戦

皆様いつもご覧いただき有難う御座います! 相変わらず打線の低迷が続いております。先発投手陣の圧倒的な安定感と、リリーフ陣がどうにか堪えていることから僅差のゲームをものにすることができていますが、ちょっと点が入らなさすぎというか、得点の期待値…

メッセンジャーご乱心/広島カープ第3回戦

皆様いつもご覧いただき有難う御座います! まさかの広島に2連勝で迎えた対広島3戦目、こちらは開幕以来安定の投球のメッセンジャーで3タテの期待がかかりましたが、そうはうまくは行きませんでしたね。SNS上で3タテもらった!!的な投稿も目立っていたのです…

石崎・マテオご乱心/中日ドラゴンズ第3回戦

皆様いつもご覧いただき有難う御座います! 先週は3勝2敗で貯金1、全体で5分に戻すという想定とおりというか、予想通りの結果となりました。中日戦は勝ち越して欲しかったですけどね。せっかく横浜戦二連勝したので。 ということで、一日更新が遅れましたが…

一昨日のいやな負けはリセット!/中日ドラゴンズ戦第2回戦

みなさまいつもご覧いただきありがとうございます。 一昨日のまさかの「みえみえセフティスクイズゲッツー」でいやーな負け方をした阪神、完全にこちらに流れがあった試合を落とし、ネット上も大いに荒れまくり、監督談話で選手に責任をなすりつけるようなコ…

薄氷の勝利!/横浜DeNAベイスターズ第1回戦

皆様いつもご覧いただき有難う御座います! 何か勢いはあったものの、最後はひっくり返される試合が2試合続き、その後二日間試合がなかったため、皆さんもやもやと過ごされたのではないでしょうか。 今週からは横浜・中日との5連戦。昨日の試合に負けてしま…

追悼試合は痛み分けもよい試合/オープン戦対中日戦(3/10)感想

みなさまいつもご覧いただきありがとうございます。 昨日は故星野監督の追悼試合でした。 我々阪神ファンからすると、長い暗黒時代からの脱出に成功してくれたいわば、チームの恩人といえる人物です。一方で、マスメディアへの露出が阪神の方が多いので、阪…

練習試合/対起亜戦感想(2月21日)

みなさまいつもご覧いただきありがとうございます。 昨日は対外試合4試合目の起亜タイガース戦。昨年の韓国リーグの覇者ということもあり、練習試合相手としてはいい相手かなと思っていましたが、非常に大味な結果になってしまいましたね(汗)。 それにしても…

ドラ1馬場実戦形式初登板! シート打撃感想(2/17)

みなさまいつもご覧いただきありがとうございます。 昨日は実戦形式のシート打撃が行われました。ベテラン陣もついに実戦へと入ってきましたね。 これまでは、プロスペクトの選手たちのサバイバル競争が行われてきましたが、ベテラン陣が実戦での調整に参加…

阪神タイガース 選手名鑑2018 投手編④

みなさんいつもごらん頂きありがとうございます! 前回に引き続きラ米のトラ的選手名鑑第4弾です。背番号順に書いていたのですが、ルーキー谷川を忘れていたので、谷川からはじめます・・・ #34 谷川昌希 ①右右 ②175cm/76kg ③26歳 ④2017年5位 ⑤1年 ⑥筑陽学園…

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 救援投手編

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。 今日は前回の先発投手編に続き救援投手編の総括です。 今シーズン二位、貯金17への飛躍は間違えなく強靭な救援投手陣の賜物です。普通のチームであれば勝ちパターンの選手が3枚いれば7回からは継投に入れるため磐石な中、60試…

阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】

皆様いつもご覧頂きありがとうございます!山尾さん、隠れ阪神ファンです。さん、コメント頂き有難うございました! 其々返信いたしましたので、宜しければご覧ください。 ストーブリーグの動きとしては、糸井は予定通り、山口/森福は巨人のみ交渉、岸は楽天のみ、陽…

阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】

FA宣言・残留もぼちぼち出てきましたね。決まってない注目どころはD平田・Bs山口といったところでしょうか。前回の記事で糸井獲得の是非に関し考察しましたが、今回は来年以降の投手編成と今年の投手補強の必然性について考えてみたいと思います。ちなみに管…